2008年12月

2008.12.18  患者さんからお言葉を頂きました!

こんにちは、寒い日がつづきますね。でも患者さん(60代女性)から嬉しいお言葉を頂きとても有り難く思いました。

 「最初に右下奥歯に2本インプラントを入れてもらう時、 手術前はとても緊張していて止めたくなりました。けれど手術中は痛みはほとんどなくて心配していたようなことはなく大丈夫でした。案ずるより産むが易しとはこのことだと思いました。

 その後2ヶ月ちょっとしてかぶせ物を入れてもらいましたが、それまでずっと何もなかったせいか違和感を感じました。でも慣れてくるにつれ何ともなくなりました。 

  またしばらくしてから左下奥歯に2本入れてもらった時は今度は安心して手術も受けられましたし大丈夫でした。 こちらもかぶせ物を入れてもらい落ち着いてくると物がよくかめるようになったことを実感しています。以前はリンゴや果物もよくかめなくて細かく切って食べていたのですが,両方にインプラントをしてからそのままかぶりついて食べられるようになりました。また、イカも食べられるようになり大変喜んでいます。 

  その後のケアは自分の歯より神経を使って丁寧に磨いています。院長先生始め、スタッフの皆さんには本当に感謝しています。有り難うございました。」 by.スタッフ一同

投稿者 佐々木歯科医院 | PermaLink
2008.12.15  名古屋での講習会

今回の矯正講習会は名古屋でおこなわれました。発着時刻の遅いセントレアを利用したかったのですが、予約がとれず結局小牧空港を利用。13日(土)の夜に発って、小牧から名古屋駅に向かうとクリスマス気分一色。それにしても名古屋駅はきれいなイルミネーションで輝いています。駅の上にはJRセントラルタワーズというツインタワーが建っていてその壁面に「絵本の中」から飛び出した「輝く街」を色とりどりのライトで描いかれてます。今時は全国各地できれいなイルミネーションが輝いているのでしょうが、名古屋駅前も1つの名所となっているのでしょう. by院長

投稿者 佐々木歯科医院 | PermaLink
2008.12.01  11月はインプラントセミナー三昧

7日は白鳳主催のセミナーで「趣味のインプラントからプロのインプラントへーインプラント咬合ー」と題して田中収先生の話でした。田中先生は昨年度は全国で1400本も埋入した実績がありプロともの凄い説得力のある素晴らしい内容でした。プロになるためには本当に心からドクターもスタッフもインプラントは良いという事を理解して患者さんに説明し続けること。そのようにドクターがまず意識改革してスタッフミーティングすることが大事。

23日は 東京で
AQBの鳥羽先生の実習付きのセミナーがありました。。
ソケットプリザベーションや嚢胞有りの即時埋入の実習。またソケットリフトも教えてもらいました。
講習会が終わってから神奈川県で開業している後輩と居酒屋に行き最終新幹線で帰宅しました。

30日は大学でベーシックのセミナー。最初の診断や方針が大事。つまり基礎が重要だと言うこと。実際の埋入方法は各システムの講習会を受けるようにとのこと。懐かしい面々とも出会えました。 by院長


 

投稿者 佐々木歯科医院 | PermaLink