2009年12月

2009.12.14  忘年会

衛生士のS.T.です。先日欅通りのあるお店で医院の忘年会を行いました。

みんなでビールや日本酒を飲みながらこの1年を振り返りました。

私は衛生士としてこの春入社したばかりでまだまだ不慣れで患者さんに満足のいく衛生指導や応対ができ

たかとても不安です。これを反省して来年に生かしていきたいと思っています。

来年も良い年になりますように!

先生、ご馳走様でしたー Smile

 

 

投稿者 佐々木歯科医院 | PermaLink
2009.12.03  木戸病院での糖尿病診療(病診連携)

新潟市の歯科、佐々木歯科医院院長の佐々木です。 

東区のこの地域の先生方の集まりで木戸病院の代謝・内分泌がご専門の緒方先生をお招きして御講演をしていただきました。タイトルは「糖尿病診療における歯科-医科の連携 歯周病から糖尿病を見いだす」

1.国内で糖尿病患者が急増している。1997年で予備軍も含めて1370万人が、5年後には1620万人を経て10年後の2007年には2210万人に急増。

2.糖尿病の合併症として歯周病が位置づけられ、さらに糖尿病発症のリスクとしても注目されている。  局所での炎症が持続するとマクロファージが活性化され、炎症性サイトカインが分泌されインスリン抵抗性が強くなると言われている。

3.糖尿病患者は様々な合併症を有しており、複数化に通院していることも多く、服薬内容の把握は事故防止の観点からも重要。

4.30,40代でほとんど無歯顎に近いなどと言った年齢不相応な重症の歯周病を見たら糖尿病合併の可能性があるので是非病院に紹介していただきたいとのこと。口腔内症状としては他に口腔内(舌)乾燥、舌苔の蓄積(かびの可能性)、口臭特にアセトン臭(少し甘酸っぱいリンゴ臭)などがある。

 皆様の中でもこのような症状に思い当たる方は是非歯科か内科にかかられて下さい。

投稿者 佐々木歯科医院 | PermaLink