2016年01月

2016.01.31  歯の構造とは?

食べ物を噛み砕くのに必要な「歯」。

その歯の構造とは一体どのようなものなのでしょうか?

また 歯ぐきからは、どう生えているの?

歯の表面に出ている部分を歯冠と言い、歯茎に隠れている部分を歯根と言います。

あごの骨(歯槽骨)には血管と神経が通っており、そこに歯が埋まっています。

歯の一番外側の部分がエナメル質です。

口を開けたときに見える歯冠という部分です。

エナメル質は人の体の中で最も硬い組織(モース硬度6から7)で、

水晶と同じくらいの硬さがあります。

エナメル質自体は透明感のある白色ですが、その下にある象牙質が黄色っぽい色を

しているためやや黄色っぽく見えます。

熱や電気などの刺激を通しにくいため、外部からの刺激から歯髄を守る役割をしています。 %E6%AD%AF%E3%81%AE%E6%A7%8B%E9%80%A0.jpg

 

 

 

セメント質は歯根の表面を覆っている非常に薄い組織です。

歯周病などで歯肉が下がってしまいセメント質が露出してしまうと、

非常に虫歯になりやすいので注意が必要です。

また、歯根膜をつなぎとめる役割もあります。

 

エナメル質やセメント質の下には象牙質があります。 モース硬度5から6です。

歯の大部分を構成している、歯の主成分です。

エナメル質よりも柔らかい組織であるため、虫歯は象牙質に達した後は、

虫歯の侵食スピードが加速します。

象牙質に刺激が加わると痛みを感じます。水にしみるとか甘いものでしみるといったものは

虫歯が象牙質に達していることが多いです。 象牙質に達した虫歯は象牙細管という極く細い管を

伝って刺激が歯髄に行くからです。

象牙質は僅かに再生能力があり、歯髄を保護するように働きます。

 

歯髄

歯の中心部のいわゆる「歯の神経」と呼ばれる組織です。

歯の痛みを感じるのは主にこの歯髄です。

歯髄には圧覚や温度感覚がない為、冷たい熱いといった刺激も全て痛みとして感じます。

歯髄には痛みを感じるということ以外にも、象牙質の形成や歯への栄養の供給、

炎症などの刺激に対する防御反応などの役割があります。

従って 歯髄を失った歯は栄養供給が行われないためもろくなり、

歯の寿命は短くなってしまいます。

 

歯肉

いわゆる「歯ぐき」です。歯ぐきは歯槽骨を保護していますが、

不良な口腔衛生状態になりここに炎症を引き起こした状態を歯肉炎といいます。

健康な歯肉はピンク色や淡い赤色をしています。

 

歯槽骨(シソウコツ)

歯を支えている部分の骨です。

歯周病が進行すると歯槽骨が破壊され、最終的には歯がグラグラになってしまい、

自然と抜け落ちることもあります。

いったん破壊された歯槽骨の回復は非常に困難です。

 

歯根膜(シコンマク)

歯槽骨(歯を支えている骨)と歯根(歯根のセメント質)の間にある薄い膜のことです。

歯と歯槽骨をつなぎ、クッションの役割を担っています。

咬んだときの「噛み応え」を感じるという役割や、

歯に伝わる咬合力を調整するという役割もあります。

歯の構造を知って、適切なお手入れを心がけて下さいね

投稿者 佐々木歯科医院 | PermaLink
2016.01.22  BB8

こんにちは♪スタッフの眞島です♪

外の景色が真っ白になり、新潟の冬らしくなりましたね(^_^)

今日はいつもペーパークラフトを作ってくださるK様が

私の大好きなスターウォーズのBB-8を作ってきてくださいました(≧∀≦)

しかもこのBB-8倒しても自分で起き上がっちゃうんです!!!

色合いなど細かいところまで再現されていて「すごーい!かわいいー(≧∀≦)」ばかり言っていました☆

私は新作を2回映画館へ観に行きましたが、もう一度観に行きたくなりましたヾ(^v^)k♪

どなたかスターウォーズが好きな方、映画を観た方、気になる方、ぜひお話しましょう♪

このかわいいBB-8と佐々木歯科医院の受付でお待ちしていますね(*^_^*)

最近体調を崩されている方が多いようです(>_<) 寒いので温かくしてお過ごし下さい♪

2016年も皆様のお口の健康を守るお手伝いをさせていただきます☆

気になることがありましたら、いつでもお気軽にご相談ください♪

 

 

 

 

 

今年もよろしくお願いいたします(≧∀≦) IMG_3042.JPG IMG_3035.JPG

投稿者 佐々木歯科医院 | PermaLink
2016.01.21  虫歯治療

虫歯というと何を連想するでしょうか?

冷たいものでしみる、

ずきずきする、

黒くなる、

治療の時のキーンという音、

嫌ですね。できれば虫歯にはなりたくないもの。

毎日歯磨きをしっかりしているつもりでも虫歯ができてしまう方も

いらっしゃるのではないでしょうか。

むし歯は一定の水準以上まで進行すると、歯が再生することはありません。

そのため治療によってむし歯の進行を止めることは大切です。

但しむし歯になったから歯医者に行くのではなく、むし歯にならないように

歯医者に行くという虫歯の予防はさらに重要です。

そのため虫歯にならない健康な歯でいられるよう「定期検診」をお進めします

 

虫歯の原因の3つの要素

虫歯は,歯質、細菌、食べ物

3つの要素に時間の経過が加わってできると言われています。

つまり これら3つの要素が重なる時間が短ければ虫歯になる可能性が低く,

長ければ虫歯ができやすくなるのです。

j008.jpg

 

歯質歯の強さや唾液の力によって虫歯になりやすいかどうかが左右されます。

虫歯菌主な虫歯菌はミュータンス菌です

この菌はプラーク(歯垢)をつくり、歯を溶かす酸をつくります

食べ物糖質の中でも特に砂糖を含む食べ物や飲み物が虫歯の発生に影響を与えます

 

虫歯対策

 歯質フッ化物を使った歯質強化 歯の質が弱いとすぐに虫歯になってしまいます。歯質の強化にはフッ素が有効です。 普段お使いの歯磨剤はフッ素入りにして下さい。

虫歯菌おうちでの歯磨きや,歯科医院でのプラークや歯石の除去。

キシリトール入りのガムはミュータンス菌の活動を弱めてくれます。

また、フッ素(特にフッ化第一スズが含まれているホームジェル)の使用も 効果的です

食べ物バランスのとれた食生活。

甘いものに含まれる砂糖などは虫歯の原因になるので

回数や量を少なくしましょう。

また、唾液は虫歯菌の酸を中和するので食事はなるべく良く咬んで摂りましょう。

投稿者 佐々木歯科医院 | PermaLink
2016.01.19  認知症と歯科 その1

新潟市東区の歯医者、院長の佐々木です。

昨年厚生労働省が認知症対策の国家戦略案で驚きのデータをだしました。

10年後の2025年には全国の認知症高齢者の数が730万人になり

65歳以上の5人に一人が認知症患者になるという。

そのまま推移すれば2040年には4人に一人。

2060年には3人に一人。

一人暮らしの認知症のケアがこれから大きな問題になってくると言う。

現在の高齢者世帯は1100万世帯程で、このうち一人暮らしが約500万世帯。

また、老夫婦で生活している世帯でもお互い認知症で認認介護に

なってくる世帯が増えてきています。

また夫が妻を介護するケースが増えてきているようです。

認知症の前駆症状とされるMCI(軽度認知障害)は最近予防

できることが分かってきました。

TVでも時々放映されてますが、MCIなら治る方もいるようです。

アメリカ国立衛生研究所(NIH)は予防法として次を提唱しています

1.運動習慣をつける

週3回、30分程度の中強度のウォーキングやジョギングなど。

さらに頭を使いながらの運動が良い。(デュアルタスクを同時に行う)

2.高血圧の改善

3.人的交流の社会的認知活動を増やす

4.2型糖尿病の改善

5.バランスの良い食事を摂る

6.適正体重の維持(生活習慣病の改善)

7.禁煙

8.鬱状態の改善

とにかく早期診断、早期予防、早期治療が大切 です。

誰しも認知症にはなりたくありません。

また身近な人にもなって欲しくありません。

しかしながら益々増える認知症の問題は日本人全員のいや世界中の問題となっており

解決を模索していかなければなりません。

私も比較的身近に認知症の方がいますがとても大変です。

歯科医として歯科からのアプローチができればと常々考えています。

投稿者 佐々木歯科医院 | PermaLink