虫歯治療

2016.01.21  虫歯治療

虫歯というと何を連想するでしょうか?

冷たいものでしみる、

ずきずきする、

黒くなる、

治療の時のキーンという音、

嫌ですね。できれば虫歯にはなりたくないもの。

毎日歯磨きをしっかりしているつもりでも虫歯ができてしまう方も

いらっしゃるのではないでしょうか。

むし歯は一定の水準以上まで進行すると、歯が再生することはありません。

そのため治療によってむし歯の進行を止めることは大切です。

但しむし歯になったから歯医者に行くのではなく、むし歯にならないように

歯医者に行くという虫歯の予防はさらに重要です。

そのため虫歯にならない健康な歯でいられるよう「定期検診」をお進めします

 

虫歯の原因の3つの要素

虫歯は,歯質、細菌、食べ物

3つの要素に時間の経過が加わってできると言われています。

つまり これら3つの要素が重なる時間が短ければ虫歯になる可能性が低く,

長ければ虫歯ができやすくなるのです。

j008.jpg

 

歯質歯の強さや唾液の力によって虫歯になりやすいかどうかが左右されます。

虫歯菌主な虫歯菌はミュータンス菌です

この菌はプラーク(歯垢)をつくり、歯を溶かす酸をつくります

食べ物糖質の中でも特に砂糖を含む食べ物や飲み物が虫歯の発生に影響を与えます

 

虫歯対策

 歯質フッ化物を使った歯質強化 歯の質が弱いとすぐに虫歯になってしまいます。歯質の強化にはフッ素が有効です。 普段お使いの歯磨剤はフッ素入りにして下さい。

虫歯菌おうちでの歯磨きや,歯科医院でのプラークや歯石の除去。

キシリトール入りのガムはミュータンス菌の活動を弱めてくれます。

また、フッ素(特にフッ化第一スズが含まれているホームジェル)の使用も 効果的です

食べ物バランスのとれた食生活。

甘いものに含まれる砂糖などは虫歯の原因になるので

回数や量を少なくしましょう。

また、唾液は虫歯菌の酸を中和するので食事はなるべく良く咬んで摂りましょう。

投稿者 佐々木歯科医院 (16:30) | PermaLink