木戸小学校(新潟市東区)の学校歯科健診

2016.05.10  木戸小学校(新潟市東区)の学校歯科健診

今日は,佐々木歯科医院の院長の佐々木です。

本日は木戸小学校の歯科健診が行われました。

私が見た列に関してですが、今年は近年に無く虫歯が少なかった

ように思いました。

二十年程前は、虫歯の洪水で乳歯の奥歯はもちろん,

永久歯の奥歯まで虫歯で崩壊している子どもさんが多かった

ように記憶してます。

今は永久歯はもちろん乳歯の奥歯でさえ虫歯を見つけることが

困難になってきました。

とても喜ばしいことです。

木戸小学校のデータを見ますと、一人平均虫歯の数が

H27年度が0.20本で、新潟市の平均0.14本をやや

上回っていますが、

H26年度は0.15本で新潟市の0.16本を下回っていました。

H7のデータが木戸小1.26本に対し新潟市はおよそ1.4本と、

ここ20年間で虫歯がおよそ10分の1に減ったのだなと感慨深い

ものがあります。

新潟県はここのところずっと12歳児の虫歯の数が日本で一番

少ないと言われています。

フッ化物を利用した虫歯の予防や、親の口腔内に対する意識が

高まってきたのが良くなった原因ではないかと思います。

さて今年の木戸小の虫歯はいかに?

投稿者 佐々木歯科医院 (22:28) | PermaLink