トップインプラントや矯正なら新潟市の歯医者 佐々木歯科医院Blog>福祉、介護、健康フェア2017in朱鷺メッセ

福祉、介護、健康フェア2017in朱鷺メッセ

2017.11.20  福祉、介護、健康フェア2017in朱鷺メッセ

今年も新潟市中央区朱鷺メッセで新潟日報主催の福祉介護健康

フェアが行われました。

今回のテーマは安心できる暮らしを提案 明日のためにできるこ

と、地域包括ケアシステムでした。

 

kaigo1.jpg

2025年問題つまり800万人いると言われている団塊の世代が皆

75歳以上になり、超高齢化社会に突入すると言う問題がありま

す。

その対策として国は高齢者が住み慣れた地域で自分らしい人生

を全うできる社会を目指して、2025(平成37)年を目途に整備が

進められているのが、地域包括ケアシステム

 

 

 

 

 

 

kaigo2.jpg

これは、

1.ほどほどの救急医療と高度医療

2.健康作り

3.地域で看取る

4.在宅ケア

が4本柱となっています 

 

 

長野県諏訪中央病院の鎌田實先生が来られて話をされました。

地域包括ケアはどうあるべきか?

一人一人が自分らしい個性を認められて社会と緩やかに協調して

孤立しないでいること。

我のままに生きて我のままに亡くなる。地域包括ケアの本質は

自由な生き方を認め合う地域づくりとのこと。

長野県はかつては漬物の影響などで塩分を多くとっており死亡

率も平均より高かったけれど、塩分の取りすぎの改善や運動の推

進等で今や日本一の健康の県となりました。

(死亡率が男女ともに一番低い)

オススメな事は、野菜をたくさん食べること、減塩をすること、

タンパク質をしっかりとること、スクワットをしてウォーキング

をすることだそう。

黒柳徹子さんはヒンズースクワットをやっているそうですが、

鎌田先生は鎌田式スクワットをやっているとの事。それは足を曲

げて5秒キープ、5センチ上げて5秒キープ、また5センチ上げて5

秒キープ。それを10回1セット行います。

大腿の筋肉を鍛えるとマイヨカインという夢の万能ホルモンが

でるとのことで、これにより血糖値、癌、脳血管障害、認知症な

どが予防できるといいます。

IMG_5134.JPG (新潟日報より)

 

実際の鎌田先生は写真やテレビで見るよりも背筋もすーっとして

いて姿勢も良く、とても若々しく見えました。

この健康フェアには多数の業者さんが出展されていてあちこち

で骨密度を測ったり血管年齢を測ったり,試供品を配ったりと興味

深く楽しいフェアになっていました

また、11月はにいがた健口(けんこう)文化推進月間です。

お口の健康のための心がけや行動が、習慣として家庭や地域に根

付き,当たり前に親から子、子から孫へ伝わる文化です。 

お口が健康だと健康長生きに繋がり、そのために良く咬んで美味

しく食事ができることが大切です。

 新潟県歯科医師会ではお口の健康チェックとして

「歯磨き圧」

「口臭」

「話す・食べる器官の能力」

の測定コーナーが設けられていました。 

 

IMG_5115.JPG kensi.jpg

 

 

投稿者 佐々木歯科医院 (22:10) | PermaLink