トップ>予防歯科

予防歯科

「歯の予防」はこちら

予防歯科

予防歯科                    

歯の健康イメージ ポリシーでもお話したように
私たちは患者様のお話を良く聞き、一番メリットのあ
る方法を説明、提案し、歯の予防・治療をできる限り
痛く無いように行い、お口の健康を保つことをモット
ーにしております。

 虫歯、歯周病の予防が全身の健康に密に関わっており、当医院ではこれらの予
防に力を注いでおります。

 

そのためにまずは、お口の中の状況の把握つまり、歯周検査、X線写真、お口の

中の写真、時には歯型や唾液検査などを行います。
 

そして虫歯、歯周病や補綴治療(入れば、さしば、ブリッジ、インプラントな

ど)が終わった時が予防のスタートになります。

予防プログラムではPMTCという特殊な技法等で優しい衛生士さんが電動歯ブラ

シのような器具で歯石や汚れを落とし、優しく歯をぴかぴかツルツルに磨いてくれ

ます。
 

とても心地がよくエステサロンにいるかのようですし、中にはうとうとする方も

多いです。

 昔は治療が終わればとりあえず終了で、また痛くなったら来ていただくことの繰り

返しでした。ただその時はかなり状態が悪くなっており、虫歯や歯周病が進行して

抜かなければならないケースも多くありました。 

歯の健康イメージ 昨今はそうした反省も踏まえて、予防を中心にとらえて

いけば良い状態を長く続けることが可能と信じておりま

す。

治療が終わってからが重要なのです。

従って当医院では治療が終了して、予防に入られる患者様を『健康創造型患者様』

名付け改めて明確に定義することにしました。

 また総入れ歯や大きな入れ歯の患者様もこのような定期的なメインテナンスは
重要です。
入れ歯を使っているとどうしても歯ぐきが変わってくるので合わなくなったり調子の
悪いところが出てきます。
症状として痛みなど出ていなくても調整が必要になってくることが多々あります。

従って入れ歯の患者様も「健康創造型患者様」になってもらっています。

 

 1.フッ素による予防
むし歯の直接の原因は、ばい菌が出す酸によって歯が分解してしまうことです。フ

ッ素には、歯の表面自体を強くする効果があります。そのため、フッ素を塗布する

と、歯が酸によって分解されにくくなり、むし歯になりにくくなります。 
 

歯の表面が弱い乳歯や生えたばかりの永久歯のむし歯予防に効果的です。大人

の歯のように生えて時間が経った永久歯の表面は固く、酸にも強くなります。早く

大人の歯のように丈夫な歯にしてあげようというのがフッ素です。できれば一番奥

の永久歯(前から数えて7番目の歯)が生えてくるまでは、3から4ヶ月に一度のペー

スでフッ素塗布をした方がよいでしょう。
 

    大人であってもフッ素は必要です
 

フッ素入りの歯磨剤、洗口剤などの使用はもちろん、歯科医院で定期的なPMTC

等でフッ素を塗布しましょう。

 

 

 2.シーラントによる予防
 

   シーラントとは、奥歯の溝に薄いプラスチックを詰める虫歯予防の治療です。
 

奥歯の溝は複雑な形状をしているので、歯ブラシの毛先が奥まで届きません。そ

のため、毎日きちんと歯磨きをしていても虫歯になってしまうことがあります。シー

ラントで奥歯の溝をふさぐことにより、虫歯をかなり防ぐことができます。ただしこれ

で100%虫歯が防げる訳ではありません。やはり日々のブラッシングが大切です。

実際、シーラントの下に虫歯が出来ていることは時々見かけます。
 
 

3.PMTCによる予防
 

PMTCとは、歯ブラシでは落としきれない汚れ(バイオフィルム)や、着色を専門

的に除去して、きれいなお口にすることです。
 

 普段の歯磨きで落としきれない歯垢(プラーク)が、細菌とくっつき、歯の表面に

細菌の膜を作ってしまいます。この細菌の膜をバイオフィルムといいます。
 

バイオフィルムは、お口の中のpHを4.0以下の酸性にし、ウ蝕(むし歯)・歯周病

をより起こしやすい状態に変えてしまいます。
 
4.佐々木歯科医院での予防
 

当医院ではPMTCは、リラックスした中で痛みを感じず、
 

1.歯周病を作る歯周ポケット内の汚れ落とし
 

2.歯ぐきのマッサージ、
 

3.バイオフィルムや歯の着色を落とし、歯面の研磨、
 

4.むし歯予防のフッ素塗布を行います。
 

いつまでも健康なお口でいられるよう、定期的に受けられることをお勧めい

たします。
 

PMTCを受けることによって、むし歯になりにくい歯、健康な歯肉になること

ができます。
 

健康なお口から、健康な身体をつくりましょう